自転車運転マナー向上推進運動

自転車安全利用五則を守ろう!!

近年携帯電話や笠さし運転など、自転車マナーが悪化し、そのため歩行者や自動車との衝突事故が多発しています。歩行者との衝突は自転車運転者の過失が認められれば大きな損害となります。自らの身を守るため、相手を守るためマナーを守って運転しましょう。

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外

    道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられています。
    したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。

    3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

  2. 車道は左側を通行

    自転車は車道の左側に寄って通行しなければなりません。
    右側通行は禁止されています。

    3ヵ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

  3. 車道は左側を通行

    自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止、又は自転車から降りて押して歩きましょう。

    2万円以下の罰金又は科料

  4. 車道は左側を通行

    児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、
    乗車用ヘルメットをかぶせるようにしましょう。

  5. 安全ルールを守る

    • 飲酒運転は禁止

      自転車も飲酒運転は禁止

      5年以下の懲役又は
      100万円以下の罰金

    • 二人乗りは禁止

      二人乗りをしてはいけません

      2万円以下の
      罰金又は科料

    • 平進は禁止

      「並進可」標識のある場所以外では、並進禁止

      2万円以下の
      罰金又は科料

    • 夜間はライトを点灯

      夜間は、前照灯及び尾灯
      (又は反射器材)をつける

      5年以下罰金

    • 信号を守る

      信号を必ず守る

      3ヵ月以下の懲役又は
      5万円以下の罰金

    • 交差点での一時停止と
      安全確認

      一時停止の標識を守り、広い道に出るときは徐行

      3ヵ月以下の懲役又は
      5万円以下の罰金

自転車の標識あれこれ

普段の生活に密接に結びついている自転車ですが、標識をしっかりと意識して運転している人はすくないのではないでしょうか?ここではよく見る標識をいくつかご説明します。自転車も軽車両ということで、普段は意識していない標識もこれを機によく見て安全運転を心がけてください。

  • 一時停止

    自転車も軽車両に入ります。差点の直前や停止線の直前で一時停止しなければなりません。

  • 徐行標識

    徐行とは、ブレーキを操作してから1メートル以内に停止できる速度です。自転車でも勿論守らなければなりません。

  • 自転車通行止め標識

    自転車は通行することができません。他の標識と組み合わされる場合があります。

  • 車両通行止め標識

    車両通行止め標識です。車両は通行できません。
    自転車も軽車両のため通行できません。

  • 歩行者専用標識

    歩行者専用道路のため、自転車は通行できません。歩行者のみ通行できます。

  • 横断歩道・自転車横断帯標識

    横断歩道と自転車横断帯である事を示しています。自転車も歩行者も横断することができます。

  • 自転車及び歩行者専用標識

    普通自転車が通行できる歩行者用道路または歩道であることを示し、普通自転車と歩行者が通行できます。

  • 自転車専用標識

    自転車道や自転車専用道路を示し、普通自転車以外の車両と歩行者は通行できません。

こんな時が危ない!!

「車に乗っていると自転車が見にくい」「自転車に載っていると車が見にくい」そんなことから危険な目にあった方も多くいるのではないでしょうか?少しでも危険を避ける為にどのような時に事故が多いかを知り、安全運転を心がけるだけでなく自らも身を守りましょう。

交差点で出会い頭に衝突!

事故の多くは交差点で発生しています。通いなれた道路でも、交差点では信号機の有無にかかわらず一時停止をし、必ず前後左右の安全確認をしましょう。

歩道走行中に歩行者と接触!

自転車は車両であるため車道の通行が原則です。「自転車通行可(歩行者優先)」の歩道を走行する際は車道側を走り、混雑している場合は徐行・一時停止を行い歩行者の安全を確保しましょう。

交差点で左・右後ろから来る右折車と衝突!

左・右折車からみて「死角」にはいります。歩行者・自転車優先と安心せず、横断中も前後左右の安全に気を配りましょう。

後方からの直進車と衝突!

急な進路変更や横断は大変危険です。後ろからくる車の前に飛び出していくようなものです。前後の安全を確認してから進路変更等を行いましょう

自転車運転でも加害者に!

自転車、携帯電話などの普及により高校生による自転車事故が増加し、それに伴って高額賠償事例も増えてきています。自転車事故でも、場合によって高額の賠償金を払うことになります。自転車だからといって軽く考えてしまうと取り返しのつかない自体になってしまいます。

54歳の看護師女性が歩行中に無灯火・携帯電話を操作中の女子高生に自転車で追突された。被害者女性は手足に痺れが残り歩行困難になった上、職も失った事例。

加害者女性(判決時19歳)に約5,000万円の支払いを命じた。

老女が、交差点歩道上で信号待ちをしていたところ、前方不注視の自転車に乗った当時17歳未成年が衝突し、老女が転倒、大腿骨を骨折し、後遺障害を残した。

老女の損害として、約1,800万円を認容。このうち、逸失利益は、就労可能年数を約7年として中間利息を控除、約700万円の支払い判決がでました。