後席シートベルト着用推進運動

後席シートベルトの着用率

2014年に発表された「シートベルト着用全国調査」によると、後席シートベルトの着用率は、一般道路で運転席が98.2%、後席では35.1%の着用率であった。
義務化直後は後部座席の着用率が大幅に高まったものの、以降は横ばいであまり変化は見られない。
高速道路の着用率は、運転席は99.5%、助手席は98.1%と高い着用率を示している。一方で後席の着用率は70.3%となっており、運転席や助手席と比較すると低い着用率となっている。前席に比べ、後席は比較的安全とは考えられているものの、着用せずに事故にあった場合の致死率は着用時の約4.5倍となる。
衝突の勢いで車内の同乗者にぶつかり致命傷を負わせることとなったり、車外へ放出されるといった危険性もある。

一般自動車における
シートベルトの着用状況

一般自動車におけるシートベルトの着用状況

高速道路における
シートベルトの着用状況

高速道路におけるシートベルトの着用状況

なぜシートベルトをしないのか?

警察庁が発表した調査によると、後部座席でシートベルトを着用しない理由に、「前席と比べて装着しづらい」や「着用すると窮屈だから」、「面倒だから」などが上位(1~3位)に挙げられていました。また、4位には「違反点数がつかないから」という理由がありましたが、改正道路交通法では違反行為に対する行政処分としてポイントを1点減点されてしまいます(高速道路等に限ります)。もう、この理由だけでシートベルトを着用しない人もいなくなるはずです。

なぜシートベルトをしないのか?

非着用による危険性

後席でシートベルトを着用しない理由に、「事故からの危険性が低い」というのも少なくありません。これは明らかに間違った認識です。
後席の人が非着用で事故にあえば、前席の背もたれに激しくぶつかってしまうこともあるし、車の天井に叩きつけられることもあります。さらには車外に放り出されてしまうこともあるのです。

車外放出による危険性

車外放出の場合

乗員が車のガラスを突き破ったりして車外に投げ出されてしまうことを車外放出と呼んでいます。車外に放り出されると、
アスファルトに身体を強く打ち付けられたり、後続車両のから轢かれてしまう危険性もあります。
さらにはそれを避けようとして他の後続車両に衝突することも考えられます。

約7倍

前席への危険性

後席乗員が前席へ激突

様々な実証実験において、後席シートベルト非着用の場合の危険性が数多く指摘されています。
車外放出も危険ですが、前席の背もたれに叩きつけられると、本人ばかりか、前席の乗員にも危害が及ぶこと
になります。

後席乗員が前席へ激突